JA
保存する
新車 中古車 サービス一覧 店舗情報

812 Competizione A

812 Competizione Aは、タルガ・トップを備える華やかな限定モデルであり、オープン・トップに関する跳ね馬の輝かしい伝統に対してオマージュを捧げる1台となっています。この車は、世界のサーキットを70年以上走ってきたフェラーリの経験が凝縮されています。純粋なスポーツカーのDNAを宿していることから、パフォーマンス、フォルム、機能性のバランスが絶妙です。最も情熱的なフェラーリ・コレクターを対象としたモデルであるため、妥協のないエンジニアリング・ソリューションが無類のドライビング・プレジャーを約束します。

この車の最も印象的な点は、マラネッロの伝説を築いたバンク角65°のV12エンジンを最大限に進化させてある点です。この進化の結果、エンジンの最高出力は、フェラーリのオンロード・モデルの中で最も高い値となる830 cv/9,500 rpmに到達。フェラーリのいかなるエンジンをも凌ぐ値が再び実現しました。ハイテク素材を採用したこと、エンジンの主要コンポーネントを数多く再設計したこと、バルブ・タイミング・システムとエキゾースト・システムを新しくしたことは、フェラーリ最高峰のエンジンがかつてないパフォーマンス・レベルを獲得できた要因のいくつかにすぎません。

Sapporo-cityにおける Ferrari 812 Competizione A 販売についてのお問い合わせ

お問い合わせ先

最先端のエアロダイナミクスを徹底的に追求したことで、究極のフォルムを有するソリューションが完成しました。オンロード・モデルのものとしては、かつて例のないプロファイルが特徴です。新しいエア・ダクトからきわめて斬新なボディ・テールおよびエキゾースト・システムまで、さらには特許取得済のリヤ・ウインドウやフロント・バンパー、すべての改良は、「形態はつねに機能に従わなければならない」という、フェラーリの重要な信念を守り抜いた結果です。

812 Competizioneと違ってボルテックス・ジェネレーターが備わっていないことから、812 Competizione Aには代わりの装備として、気流を効果的にそらすことのできるブリッジ・エレメントが設けられました。このブリッジが備わったことで、空気抵抗がいちだんと低下しています。これは、ブリッジが空気力学的にウイングのような役割を果たしているからです。オープン・トップ時の快適性は、フロントウインドウのヘッダー・レールに組み込まれたフラップによって確保されています。このフラップがコックピットを空気の泡で包み込むためです。左右のバットレスの間には、エアロダイナミクスの観点から2つの開口部が設けられていて、サイドウインドウ越しに流入する空気をマネージメントできるようになっています。この戦略には、快適性を改善できるだけでなく、ルーフを開けたときにエアロダイナミクス効率を向上させることもできるといった、2つのメリットがあります。

パワートレインが解き放つ猛烈なパワーと新たなビークル・ダイナミクス・コントロールを融合したことにより、持ち前のパフォーマンスを余すところなく発揮できるようになっているほか、運転席ではこの上ないドライビング・プレジャーが約束されます。採用されたソリューションの中で最も特徴的なのは、4輪独立ステアリングです。このソリューションは、コーナリング時の俊敏性と精緻な走りに磨きを掛けるだけでなく、比類のない応答性をも実現させます。このほか、車両の総重量を軽減するための工夫も見逃せません。特筆すべきはカーボン・ファイバーを広範囲に使用している点です。この新型モデルでは、ビークル・ダイナミクス・システムのサイド・スリップ・コントロールが新しくなっていて、バージョン7.0が初めて採用されています。

812 Competizione Aをデザインするにあたり、フェラーリ・スタイリング・センターは車両のリヤに改良を施し、強く印象に残るアーキテクチャを生み出しました。フェラーリが伝統的に採用してきたこのフライング・バットレスは、ブレードが大きな役割を果たしている、「矢」をテーマにしたフロント・デザインと見事に調和しています。推進力の大きさが感じられるボディであることや、812 Competizioneのものとはまったく異なる印象のボディに仕立て上げられていることも、このフライング・バットレスの影響です。

この車両は重心位置がいちだんと低くなっていますが、これはルーフと湾曲型フロントウインドウだけによるものではなく、フライング・バットレスが812 Competizioneのものに比べて低いことも要因となっています。タルガ・トップはカーボン・ファイバー製で、タルガとしてのシルエットを崩すことなくコンパートメント内に格納することができます。タルガ・トップを格納すると、ロール・バーの一部がボディラインからはみ出しますが、これはもう一つのデザイン・エレメントとして機能するだけで、フライング・バットレスが生み出す効果を低下させることはありません。ルーフを何時でも格納できることから、ドライバーはどんな天気の場合でも走りを存分に愉しむことが可能です。

インテリアは812 Superfastの影響をとりわけ大きく受けていて、特徴的なモチーフを含め、ダッシュボードおよびドア・パネルのインターフェース類とボリューム感を継承したデザインとなっています。また、新しいドア・パネルは再設計によって軽量化が図られ、トランスミッション・トンネルには「Hゲート」のテーマが採用されました。これにより、コックピットはそのスポーツ性がいちだんと高まったうえに、車両のレーシング・スピリットを反映させたよりモダンな仕上がりとなりました。

Sapporo-cityにおける Ferrari 812 Competizione A 販売についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
Ferrari Personalisation

パーソナライゼーション

フェラーリ・パーソナライゼーション・プログラムで貴方ならではのフェラーリに... 詳細
Ferrari 7 Years Maintenance

7年間メンテナンス・プログラム

最初の車輌登録から7年間にわたりメンテナンスを保証するプログラム... 詳細
Ferrari Financial Services

ファイナンシャル・サービス

あなたの夢を応援します。 詳細
お問い合わせ Web Special